ブログノウハウ

神!どのテーマでも使える無料の目次プラグイン【RTOCの設定方法と記事内でのやり方を写真を使って解説】

今回は、WordPressの目次プラグイン「Rich Table Of Contents」について導入方法と記事内に目次を作成する方法を紹介します。

悩んでる猫
悩んでる猫
記事内を見やすくまとめるにはどうしたら良いですか?

という疑問にお答えします。

ちくわ猫の例

本記事の内容

・目次プラグインの導入方法

・導入後の設定方法

・記事内での目次表示の方法

・目次が表示されない原因

【1】目次プラグインの導入の仕方

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>キーワードに「Rich Table Of Contents」と入力する。

インストール>有効化

右上のインストール>有効化で導入完了です!

写真は有効化されている状態。

【2】目次プラグイン内の設定方法

導入出来たところで、次に目次の設定をしましょう。

基本設定

・目次のタイトル

▶︎右のpreview(プレビュー)を参考にしてください。

・表示させる見出し設定

▶︎見出しの数を選びましょう。

・フォント設定

▶︎デフォルトHeleveticaNoto Sansの3種類。

デザイン設定

・タイトル表示

▶︎左寄せor中央寄せ

・リスト形式

・枠のデザイン

▶︎全部で5種類

プリセットカラー設定

・定番カラー

▶︎全部で7種類

・カラー設定(上級者向け)

このプリセットカラーはJINテーマカラーを反映して設定しています。と表示されると思います。

JIN利用者にとっては最高の目次プラグインですね。

▶︎ちくわ猫の配色

他のカラーを使いたい場合は別のプリセットカラーを選んでカスタマイズが出来ます。

応用設定

・目次に戻るボタン

▶︎ONにする/左寄せにする

・目次のデフォルト表示設定

▶︎最初から表示だとOPENの状態になる。

▶︎閉じておくだとCLOSEの状態になる。

▶︎最後に変更を保存を忘れずに。

【3】記事内での目次表示の仕方

インストールしたは良いもののどうやって目次にするの?💦という超初心者さんの疑問にお答えします。

ちくわ猫もこれで苦戦しました。笑

ブロック追加から見出しを選択

▶︎ブロック追加>見出し>H2〜4を選択

これだけです。

更新をすると自動的に目次になります。

確認したい場合は更新をしてみましょう。

パソコンからもケータイからもやり方は同じです!

【4】目次が表示されない?不具合が起こる

上記で設定しても、うまく表示されないことがあるかもしれません。

問題その1「表示されない?」

▶︎プラグインとの相性などによって不具合が生じるそうで、現在も調査中とのことです。

問題その2「見出しにしたのに表示されない?」

これは表示条件を確認してください。

表示条件が見出し4〜にしている場合、記事内で見出しを2.3個しか作成していなければ自動的に目次にならない場合があるかも?

問題その3「そもそもブロックに見出しがない」

ちくわ猫の場合、これでした。

インストール>有効化>目次プラグイン内設定をしたはものの記事作成中に見出しをどう出すのかわからず、また見出しというブロックがなくてすごく悩みました。

✔︎本記事のまとめ

目次の生成は簡単!

見出しはSEO対策に重要

不具合が起こる可能性があるので、RTOCのヘルプ画面やひつじさんのツイートを見ておこう。